「わたしを救ったレメディー」安武ホメオパス編

FBに投稿された、各メンバーのホメオパシーバトンを、代理投稿でご紹介しています(^―^)

今回は、福岡校で長くセンターホメオパスをされていた安武ホメオパスの「わたしを救ったレメディー」です。


Sep.(シーピア/イカ墨)

福岡市東区で ホメオパシーセンター福岡香椎[くすのき]を開設しているホメオパス安武由希子です。
香椎には香椎宮という古くからの神社があり、その長い参道はくすのきの並木道になっています。
それにあやかり、センターの愛称を「くすのき」と名付けました。
楠の木(樟)は樟脳の原材料で、これを用いて解毒のレメディーとして知られるCamp.(カンファー)が作られます。
秋の香椎宮の境内では、地面に落ちた樟の実から強く芳しい香りが放たれ、そこに立っているだけで清々しく、身体中が洗われるような気分になります。
地味な神社ですが、お近くにお越しの時はぜひお立ち寄りください。
前置きが長くなりましたが、「私を救ったレメディー」は Sep.(シーピア)です。
10年ほど前のことです。
私がホメオパシーを知って初めて感動的な体験をしたレメディーがSep.でした。
ホメオパシーに出会って数ヶ月経っていましたが、レメディーを選んだり使うタイミングがなかなかつかめず、素晴らしい療法のようだけれど、どこか信じることができずにいました。
そんなある日、家事もできないほどの強い生理痛にみまわれました。
その時に選んだレメディーがSep.でした。
レメディーを口に入れたとたん、痛みは身体の上半身から足元へ向かって引き潮のようにスーッ、スーッ、スーッと全て引き去られていきました。ほんの数秒間だったと思います。
レメディー凄い!そして何て気持ちいいんだろう!と思いました。
これが「レメディーがヒットする!」ということなんだ。
鎮痛剤よりも凄い!
この時がホメオパシーは素晴らしい療法だと確信できた一瞬でした。
おまけの話です。
その時、なぜか、そばにいた娘もちょうど生理痛をおこしていて、なんと、私と全く同じようにSep.がヒットしたのです。
レメディーの凄さとともに、自分が産み育てた娘は、私と同じなのだと、愛しさとも申し訳なさとも混じった感情でいっぱいになりました。
幸せなことに、あの頃から今までもずっと、娘は私の一番のホメオパシーの理解者でいてくれています。
こんな小さな、でも感動的な1回の体験を一人でも多くの方に味わっていただきたいと思います。