ホメオパシー入門講座

https://ws.formzu.net/sfgen/S61494288/

担当ホメオパス:安藤 久美子

「ホメオパシーってどんなもの?」「どうやって使うの?」「好転反応って何?」
などなど、ホメオパシーを始めるための基本的なこと、始めたばかりで?がたくさんの人のために、最初の一歩になるようなお話をさせていただきます。
また、すでに使われていて、「家族や周りにも勧めたい」という方にも参考になる内容がきっとあると思います。

ホメオパシーを知らないのにホメオパスの学校に入学してしまう強者もいますが、逆に言えば、まったく何も知らなくても使えちゃうのもホメオパシー。
氣軽にご参加ください(^―^)

お申し込みはこちら

ホメオパシーお茶会♪ 第3弾

ありがたくも好評いただいている「ホメオパシーお茶会」第3弾です。
ホメオパスやホメ仲間と、わいわい楽しく、美味しく、過ごしましょう(^-^)
こんな時だからこそ、免疫力を上げるためにも大いに笑い、大いに語り、大いに食べましょう!

今回のもう一つの主役である料理は、ネパール料理です。
先日、高野先生の講演会後の打ち上げで利用させていただいたネパール料理屋(ShreeGanesh)さんがとても美味しくて。
「この美味しさを是非、皆さんと分かち合いたい!!」と思い、こちらのお店からテイクアウトして、ご提供します。
参加費は2,000円(食事・飲み物代込み)です。
※料理の注文の都合上、申し込み締め切りは、今月末日までとさせていただきますm(_ _)m

お申し込みはコチラ

ホメオパシー入門講座

https://ws.formzu.net/sfgen/S61494288/

担当ホメオパス:安武由希子

「ホメオパシーってどんなもの?」「どうやって使うの?」「好転反応って何?」
などなど、ホメオパシーを始めるための基本的なこと、始めたばかりで?がたくさんの人のために、最初の一歩になるようなお話をさせていただきます。

ホメオパシーを知らないのにホメオパスの学校に入学してしまう強者もいますが、逆に言えば、まったく何も知らなくても使えちゃうのもホメオパシー。
氣軽にご参加ください(^―^)

申し込みはコチラ

キッズのためのホメオパシーキット活用術②

kytranghoによるPixabayからの画像

担当ホメオパス:安藤 久美子

全3回に分けての、キッズのためのホメオパシーキット活用術の2回目です。

200Cというポーテンシーのレメディーは潜在的な部分によりよく働きます。
まだバイタルフォース(自己治癒力、生命力)が複雑化していない子どもたちのために、家族として暮らす動物たちのために、そしてかつて子どもだった自分自身のために、是非この講座をご活用ください(^―^)

3回目:11月30日(月)10:00~12:00 豊池 明子

申し込みはこちら

ホメオパシーお茶会

Larisa KoshkinaによるPixabayからの画像

前回好評につき、平日に第2弾の開催です。
美味しいオーストリアのパンと、素敵な茶器をお供に、アフタヌーン氣分でホメオパシーを語らいましょう♪

新たな仲間と知り合ったり、いつもの仲間の新たな一面を発見したり、そんないろんな出逢いをお届けできたら、と思っています(^―^)

※参加費は軽食&お茶代も込みになっています。

お申し込みはこちら

感染症対策

Willgard KrauseによるPixabayからの画像

担当ホメオパス:豊池 明子

感染症、今や秋冬だけの問題ではないかのようにも言われています。
けれどそれは季節の問題?ウィルスが悪い?ワクチンを打っておけば予防できる?そもそもどうして感染症に罹ってしまう?

症状は嫌なもの、病氣になるのは良くないこと、感染症なんてとんでもない。
そんな刷り込み、思い込みを一度ちょっと脇に置いておいて、私達の身体に何が起こっているのか、考えてみませんか?
自分の身体がどんなふうに私達を守っているのか、自分にできること、自分にしかできないことを知り、ホメオパシー的に感染症の対策をしていきましょう♪

お申し込みはこちら

ワクチンとノゾース

Pete LinforthによるPixabayからの画像

担当ホメオパス:藤崎 幸代

新型コロナやそのワクチン、5G、重金属…
氣になることが山積みな日々。
恐怖や不安を感じるであろう対象をしっかりと知ること、その上で自分や家族にできることを考える、
そのための大切な内容のセミナーです。
ノゾース(病原体から作られるレメディー)のレメディーも賢く利用しながら、ホメオパシーで対策していきましょう♪

是非、ご参加ください。
ZOOMでの参加も可能です。申し込みフォームの備考欄に、ZOOMご希望の旨をご記入ください。

お申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/sfgen/S61494288/

ホメオパシー入門講座

https://ws.formzu.net/sfgen/S61494288/

担当ホメオパス:柿原 一久子

「ホメオパシーってどんなもの?」「どうやって使うの?」「好転反応って何?」
などなど、ホメオパシーを始めるための基本的なこと、始めたばかりで?がたくさんの人のために、最初の一歩になるようなお話をさせていただきます。

ホメオパシーを知らないのにホメオパスの学校に入学してしまう強者もいますが、逆に言えば、まったく何も知らなくても使えちゃうのもホメオパシー。
氣軽にご参加ください(^―^)

お申し込みはこちら

お口の中のこと

TumisuによるPixabayからの画像

担当ホメオパス:安武 由希子

口は呼吸器であり、消化器でもあります。
ある国のお母さんは、日本に留学した娘さんのために歯ブラシを箱にいっぱい送ってきたそうです。歯に異変が現れるということはその根っこに、内臓の不調があるから。だから歯は大事に大事にしなければいけない、ということだそうです。

今では歯や口腔内の状態と内臓とが密接に関係していることもよく知られてきています。見えない内臓の状態を歯や口の中で知る。
健康を保つためのとても分かりやすい目安にもなりますね。
そんな「お口の中のこと」、ホメオパシー的に学んで、ケアしていきましょう♪

申し込みはこちら

「わたしを救ったレメディー」安武ホメオパス編

FBに投稿された、各メンバーのホメオパシーバトンを、代理投稿でご紹介しています(^―^)

今回は、福岡校で長くセンターホメオパスをされていた安武ホメオパスの「わたしを救ったレメディー」です。


Sep.(シーピア/イカ墨)

福岡市東区で ホメオパシーセンター福岡香椎[くすのき]を開設しているホメオパス安武由希子です。
香椎には香椎宮という古くからの神社があり、その長い参道はくすのきの並木道になっています。
それにあやかり、センターの愛称を「くすのき」と名付けました。
楠の木(樟)は樟脳の原材料で、これを用いて解毒のレメディーとして知られるCamp.(カンファー)が作られます。
秋の香椎宮の境内では、地面に落ちた樟の実から強く芳しい香りが放たれ、そこに立っているだけで清々しく、身体中が洗われるような気分になります。
地味な神社ですが、お近くにお越しの時はぜひお立ち寄りください。
前置きが長くなりましたが、「私を救ったレメディー」は Sep.(シーピア)です。
10年ほど前のことです。
私がホメオパシーを知って初めて感動的な体験をしたレメディーがSep.でした。
ホメオパシーに出会って数ヶ月経っていましたが、レメディーを選んだり使うタイミングがなかなかつかめず、素晴らしい療法のようだけれど、どこか信じることができずにいました。
そんなある日、家事もできないほどの強い生理痛にみまわれました。
その時に選んだレメディーがSep.でした。
レメディーを口に入れたとたん、痛みは身体の上半身から足元へ向かって引き潮のようにスーッ、スーッ、スーッと全て引き去られていきました。ほんの数秒間だったと思います。
レメディー凄い!そして何て気持ちいいんだろう!と思いました。
これが「レメディーがヒットする!」ということなんだ。
鎮痛剤よりも凄い!
この時がホメオパシーは素晴らしい療法だと確信できた一瞬でした。
おまけの話です。
その時、なぜか、そばにいた娘もちょうど生理痛をおこしていて、なんと、私と全く同じようにSep.がヒットしたのです。
レメディーの凄さとともに、自分が産み育てた娘は、私と同じなのだと、愛しさとも申し訳なさとも混じった感情でいっぱいになりました。
幸せなことに、あの頃から今までもずっと、娘は私の一番のホメオパシーの理解者でいてくれています。
こんな小さな、でも感動的な1回の体験を一人でも多くの方に味わっていただきたいと思います。